クリスマスツリースタッフブログ

クリスマスツリースタッフブログへようこそ! カメラマンやエディターが日々の思いを綴っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
サプライズ
こんにちは。右近揚太郎です。
 
 新郎新婦のお二人にとって結婚式と披露宴は一生思い出に残る大事なイベントである事は当たり前ですが、お二人が、来賓の方々にとっても同じ様に心に残るものにしたい!と思うのも、これまた当然のことだと思います。そんなお二人の気持ちがよく現れている物が手作りアイテムです。代表的な例が、ウェルカムボード、席札、メニュー、そしてウェルカムベアーなんかもあります。先日、新婦さんが書道の先生をされていて、友人に書のプレゼント!なんていうのもありました。さらに招待状の宛名から内容もすべて新婦さんの手書きだったそうです。ちなみにその日の来賓は70人くらいでした。

 また別の日には、新婦さんが感謝の気持ちを込めてピアノを演奏された事がありました。このときの新婦さんは、ピアノがあまり得意ではなく、この日のために練習されたそうで、演奏前からかなり緊張の面持ち・・・。そんな中、いよいよその時がやってきました。会場は大いに盛り上がっています。演奏の始めは、さっきまでの緊張が嘘の様に快調に演奏されていました。しかし、曲の終わりも見え始めたところで、急にピタッと演奏がストップしてしまったのです。それまで和やかだった披露宴会場に張り詰めた空気が漂います。ファインダーを覗く私の手にも汗がにじみます。新婦さんも一生懸命立て直そうと必死です。

 しかし、なかなかうまく行きません。見る見るその表情が緊張でこわばっていきます。私はそれまで当然新婦さんをねらって撮影していたのですが、あまりに気の毒でカメラを新郎に振って演奏が再開されるのをじっと待ちました。しかし、やはりそこは素人さん・・・とうとう演奏は完全に止まってしまいました。

 「ごめんなさい!もう弾けません!」新婦さんの涙声が広い宴会場に響きました。そして一瞬重苦しい空気が漂い始めたその時!それまで黙って新婦さんを見守っていた新郎さんが、いきなりマイクを掴み叫びました。
 
(新婦さんが演奏していた電子ピアノを指差して)「たった今!僕はこのピアノを買い取る事を決めました!続きが聞きたい方はどうぞ我が家にお越しください!」この新郎さんの言葉に、会場には来賓の大歓声が沸き起こりました!と同時に拍手の嵐も!!新郎さんはそれまで、どちらかといえばおとなしい感じの方だったので、この一言には私もビックリ。新郎さんの男気を見た思いでした。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。